市村工務店住宅事業部ブログ

気密測定は必須という話

ご家族が毎日健康にすごせる快適な住まいを実現するためには
①高気密 ②高断熱 ③計画換気 の3つが重要です。
それぞれに高精度でないと優れた快適性は得られません。

【 気密性が優れている=隙間の少ない家 】
気密性はC値(隙間相当面積)という指標であらわされ、数値が低いほど高い気密性があることになります。

IMG_0825
▲C値測定をしない会社も多い中、弊社では全棟で測定しています。

C値は実際現場で測定する実測値で、設計や施工精度が高くなければ優れた数値が出せません。
快適な住み心地を実現するため、これからも弊社では気密性に優れた住まいを提供してまいります。

 

気密性の高い家と気密性の低い家の違いはこんな感じです。
気密性能をお風呂で例えると
▲穴のあいた浴槽に新しいお湯を注ぎ続けるイメージ?
放っておけば穴からお湯はどんどん流れ続け、新しいをお湯をどんどん注ぎ続ける……
現実にはありえないことですが、気密性に配慮しない住宅はこういうことです。

穴のたくさんある住まいでは、せっかく暖めたり冷やしたりした空気が漏れ出します。
そして漏れた空気を補うために、冷暖房をドンドン可動する必要があるのです。

実際の建物で見えない空気の通り道を見付け、それらをしっかりと防ぐことが大事。
高価な断熱材を使い、高性能の熱交換型換気を使っただけでは、残念なお宅になってしまいます。

C値を知るには気密測定を行うしかありません。
今回は少しマニアックなお話しでございました。

IMG_0890
▲最後に熱交換換気の検証で、給排気口の風量測定をしている様子。
日本住環境の皆さま、いつも大変お世話になっております。

https://www.instagram.com/p/BgkDERlFGty/?taken-by=ichimura_jyuutaku

2018年5月15日 17:11