震災復興遅々として進まず

折立団地の復興は遅々として進まない。
この団地は傾斜地を造成して宅地にしたもの
地盤の下には水脈がありその水脈の層から
地滑りを起こし、6メートルほど全体が動いたそうである。


半年以上たった今現状はご覧の通りである。
遅々として進まない復旧作業のネックはどこにあるのだろう

国が1/4
宮城県が1/4
仙台市が1/4
個人が1/4
を負担して工事を行うそうであるが、
ここを見るとその事自体も大きな問題を抱えていると思われる

記事一覧
最新記事
亀松閣の顔
12月23日山形新聞記事
柏倉八幡神社が完成した
3Dプリンター
匠の心が生きる 宮大工の精神がこだわりの建物をつくり上げる
来春の開校に向けて着々と建設が進む山辺中学校
朝日町民 村尾隆介氏のスペシャルツアー参加
M邸の完成
やまのべひな人形展
多賀城の茶室 完成
アーカイブ