墨壺に代るもの

遠くの点と点を結ぶ長いまっすぐな線を引くために今も使われている道具。壺の部分にはを含んだ綿が入っている。糸車に巻き取られている綿糸墨をしみ込ませ、糸をピンと張り、糸の先についた軽子を材木に刺し、この状態からパチンと糸をはじくとことにより正確に直線を引くことができる。日本では、法隆寺に使われている最も古い木材に、墨壺を使って引いたと思われる墨線の跡があり、この時代から使われていたとされる。.先人の知恵に学ぶことは多い。

8250b732402f28839146-LL
記事一覧
最新記事
亀松閣の顔
12月23日山形新聞記事
柏倉八幡神社が完成した
3Dプリンター
匠の心が生きる 宮大工の精神がこだわりの建物をつくり上げる
来春の開校に向けて着々と建設が進む山辺中学校
朝日町民 村尾隆介氏のスペシャルツアー参加
M邸の完成
やまのべひな人形展
多賀城の茶室 完成
アーカイブ