亀松閣の顔

843A4917修正

昨年の仕事の中で自己満足NO1の仕事でした。
亀松閣さんの顔である玄関の改修。
本物の欅の板 2寸5分厚(75mm)の材料を使いこれまでに増して風格のある玄関になったと思います。式台の木口は当初框を取り付けて見せないようにする予定でしたが、あまりに見事な材料だったために框なし、木口を見せることにしました。

またバリアフリーにするためのスロープの話も出ましたが却下。ここは日本の文化 「格式」を優先させていただきました。心のバリアフリーでおもてなししましょう(*^^)v

自己満足につき、 わかってもらえるかなぁ と不安にもなります(^_^)

記事一覧
最新記事
進化する老舗でありたい
亀松閣の顔
12月23日山形新聞記事
柏倉八幡神社が完成した
3Dプリンター
匠の心が生きる 宮大工の精神がこだわりの建物をつくり上げる
来春の開校に向けて着々と建設が進む山辺中学校
朝日町民 村尾隆介氏のスペシャルツアー参加
M邸の完成
やまのべひな人形展
アーカイブ